2次会のあれこれ

2次会のあれこれ

  • 2次会】とは、結婚式(挙式・披露宴)の後に行う友人のみの気軽なパーティーのことである。
  • 主に、新郎新婦が友人に幹事を頼み、幹事がパーティーを取り仕切ってくことが多い。
  • 準備の際、新郎新婦がどこまで関わるかはそれぞれである。
  • 最近は、幹事代行を行うプロの業者に頼むカップルも少なくはない。関西では着席、関東では立食のパーティーが多い。
  • 2次会会場チェック項目
  • トップ3 *価格(に含まれる内容) *立地 *収容人数
  • この3つは最重要項目として不動のトップ3といえる。
  • 価格・・・平均して¥5,250前後である。その価格帯で料理・フリードリンク・音響照明・マイク・プロジェクター
  • ・DVDプレイヤー・スクリーン・会場利用料は含まれていてほしい内容である。
  • ¥2,000、¥3,000の価格帯もあるが、それ相応の内容&対応である。
  • 立地・・・最近は披露宴を行った敷地内の別会場で2次会を行うことも多いが、場所を移すのであれば、
  • 幹事の移動距離を考慮し披露宴会場から近い会場がオススメである。また、帰路のことも考えた場所を考慮しましょう。
  • 収容人数・・・会場は必ず見に行きましょう。
  • また、当日の出席人数はだいたい声をかけた人数の8割程度になると想定してください。
  • その上で、余興スペース・景品台や幹事の作業スペースがどれくらい必要か確認しましょう。
  • 当日のレイアウトも要確認です。ゲストがうまく振り分けられるかどうか、ゲームの際チーム編成がしたい場合、
  • どこまでレイアウトの自由がきくか会場とよく相談しましょう。
  • どの会場にも共通して言えますが、会場が提示する最大着席人数近くで利用するとぎゅうぎゅうです。
  • オプション】あってもなくても良いもの。
  • *ケーキ *控え室 *キャンドルサービス *チェキ *ゲーム用品 *司会者 *音響オペレーター
  • *プロカメラマン*楽器手配・演奏関係 *小物(ペン・抽選箱・お会計箱・招待状等)
  • *装花(披露宴の物をそのまま持ち込まれることが多い)
  • *ドレス・タキシード(披露宴の衣装をそのまま持ち込まれることが多い)
  • *プチギフト(2次会でもぜひ用意しましょう)
  • 各項目、有料なのか無料なのか、必要か必要でないか、持ち込みができるのかどうか確認しましょう。
  • 司会者や音響さんを手配すると幹事代行業者に近くなりますが、
  • 幹事代行業者さんに頼むよりお安くなる可能性があります。
  • その他確認事項
  • 会場の最低保証金額・・・貸切にあたり最低いくら必要か。また、金額保証なのか人数保証なのかどうか。
  • また、人数に幹事・新郎新婦が含まれるかどうか。
  • 貸切時間・・・準備30分/受付30分/パーティー2時間/お見送り・撤収30分の合計3時間半は欲しいところである。
  • 延長料金・・・タイムリミットが何時で、いくらの延長料金がかかるか要確認。
  • 最終人数・・・何日前まで人数変更が可能かどうか。
  • 会場のキャンセル料・・・開催の何日前までパーティーのキャンセルが可能かどうか。
  • 料理・・・サイドテーブルビュッフェを希望するか各卓大皿でのサーブを希望するか。
  • 各卓大皿にするにあたり追加料金がかかるかどうか。
  • 持ち込み・・・持ち込み料のかかるアイテム・持ち込み不可アイテムの確認。
  • 荷物の預かり・・・2次会に必要な荷物(景品)の事前預かり、郵送等が可能かどうか。何日前から預かり可能か。
  • お会計方法・・・現金のみかカード会計は出来るか、また、当日迄に発生する費用はあるかどうか。
  • 演出・・・ちらかるクラッカーが使えるか、防音設備の部分であったり会場側がNGの演出はないか確認しましょう。
  • 新郎新婦・幹事との決め事
  • 招待するゲストの管理・・・ゲストの出席確認や当日の配関等はどちらが担当するか、主に新郎新婦で行うことが多い。
  • 会費・・・会費の設定金額に新郎新婦の希望があるかどうか、幹事がやりくりしやすい金額設定を話合いましょう。
  • 費用の内訳・・・どこまでを会費の中に含めるか。景品やチェキのフィルムやペン等小物類は
  • 会費内でまかなうことが多いが、幹事・新郎新婦の出席費用、プチギフト、控え室、オプションで
  • 新郎新婦が希望したもの等会費内で収めるもの、
  • 新郎新婦で負担するものを事前に明確にしましょう。うやむやにするととんでもないことになります。
  • 当日キャンセル・・・ゲストが当日キャンセルした場合のキャンセル料はゲストに請求してよいものかどうか。
  • 予算の中でいざという時の費用を確保しておくとこういったトラブルは避けられます。
  • 交通費・・・例えば、①撮影で地方に行った時②遠方に住んでいる幹事さんの場合等、地味に気になる費用である。
  • ①は幹事から新郎新婦へのサプライズ企画であれば企画者でお祝いを出し合うという感じでしょうか、
  • ②の場合、価格にもよるが出来そうであれば会費内か新郎新婦さんに言わずとも察してもらいたいところである。
  • 収支がマイナスした場合・・・誰がどの程度負担するのか。当日が終わってからではなく、事前に決めておきましょう。
  • また,新郎新婦が負担する場合の許容範囲もそれとなく確認してください。
  • お金のことはよくよく考えましょう。
  • 人の手配・・・幹事とは別に当日の受付や披露宴会場からの荷物搬出等手を貸してくれそうな人が何人いるか。
  • 作業を分担出来るとスムーズです。
  • NGの項目・・・キスコール、過去の話、家族関係、女性と男性がペアになって行うゲーム、むちゃぶり等々、
  • NGがあれば必ず伝えましょう。幹事にすべておまかせする場合は特に要注意です。
  • ゲストの顔を思い浮かべながら、皆が楽しい時間を過ごせるよう意思表示ははっきりと。
  • 最後に
  • 結婚するにあたり準備の段階で色々と見えていなかったこと、今までとは違った一面と出会うことがあります。
  • 挙式・披露宴の準備ではお互いの家族環境これからの関わり方、当の本人達の当日に向けての姿勢、友人との距離感。
  • 2次会の準備では、友人との絆、信頼関係が色濃くでてくるのではないでしょうか。
  • 従来の様に親しい友人に幹事をお願いするのも良いですし、友人皆に当日は楽しんでほしいという気持ちから
  • 幹事代行業者に仕切ってもらうのも良いと思います。
  • 大切なことは、目標(ゴール)を共有でき、協力し合えるかどうかだと思います。
  • 当日は新郎新婦・幹事・ゲスト、すべての人が楽しい時間を過ごせて「来て良かった」「やって良かった」と
  • 思えるようなパーティーにして頂きたいものです。
  • また、良き日を迎える為には、新郎新婦様の人柄も少なからず影響してきます。
  • この日の為にというわけではありませんが、親しき仲にも礼儀有り、TPOをわきまえて、
  • 常日頃の行いを振り返りましょう。感謝の気持ちを忘れずに。
  • 2次会を行い残念な気持ちが残らないよう願っております。
プランナーに相談する

問合せ

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容
心記念日(KOKORO KINENBI):copyrighting KOKORO KINENBI. All Rights Reserved

京都ブライダルは心記念日が運営してます。